ミクロネシア有数の諸島群
パラオ共和国

眼下に広がる光景に、思わず息を呑むのではないでしょうか。パラオの絶景を理解するにはセスナに乗り込むのが一番です。
セスナ機の高度が上がるにつれて、青と緑、白が入り混じる「絶妙なグラデーションが浮かび上がっていきます。太陽の光を受けると、海はサファイアとエメラルドを溶かしたかのように美しく輝き出し、空から眺めると、海のなかに大小の黒い点が見えるはずです。パラオのシンボルとも言える、世界遺産エリア島「セブンティ・アイランド」をはじめ、視界の果てまで連なる島々。スピードボートの白い波が、その間を縫うように走っています。586もの島々によって構成される、ミクロネシア有数の諸島群・パラオ共和国。
美しい珊瑚礁の海と多彩な魚類の生息地として「スキューバダイバーを中心に世界的に知られています。貴重な生態系と景勝から「2012年には諾島のうち「ロック・アイランド」などが世界自然遺産に登録されました。厳密にいうと、パラオとは北端の「カヤンゲル島」から南の「アンガウル島」まで、南北約640キロに渡って広がる600近い島々を指すのですが、一般的には人が生活している10島を指すことが多いです。
最大の島「バベルダオブ島」を筆頭に、商業の中心「コロール島」、ホテルが点在する「アラカベサン島」、主要港のある「マラカル島」、第二次世界大戦の激戦地、「ぺリリュー島」など。それ以外は無人島です。

サンゴ礁の海を遊び尽くす
ロックアイランドホッピング

島の多くが珊瑚礁による石灰岩でできているため「高温多湿の気候や雨風による浸食が早く、海面降下や地盤隆起の影響を受けやすいと言われています。その結果、現在のような複雜な形状の人り江や、小さな島々が密集して点在する特異な景観が生まれました。
なかでも、コロール島からぺリリュー島にいたる南北約30の環礁に点在する島々は、ロック・アイランドと呼ばれる変化に富んだ景勝で、アイランドホッピングのメッカとしてにぎわいます。
年齢を問わず楽しめる各種マリンスポーツをはじめ、巨大魚のトローリング、無人島でのキャンプの旅など、上級者向けの冒険プランもあります。ロック・アイランドには上陸できる無人島が多数あり、海でも陸でもアクティビティは多種多様。見どころも多岐にわたるため、観光客は半日またはー日のツアーで効率的に遊ぶことができます。スピードボートと呼ばれるチャータ船に乗って手軽に移動することができますよ。ロックアイランドの見どころを回るアイランド・ホッピングは、パラオの多彩な楽しみ方を教えてくれますよ。

マリンレイク

ロックアイランドの見どころ1
  • コロール港のドックから、スピードボートに乗り込み、真っ青な海と空を切り裂くように船は猛スピードで走ります。およそ10分ほどで最初の目的地「マリンレイク」に到着します。マリンレイクとは地盤の隆起によって周囲が島で囲まれ、外海と分離された汽水湖。波はほとんどなく、その名のとおり外観は湖のようです。しかし、もちろん海水で海中には珊瑚礁が広がる不思議な場所です。アンカーを落としたボートからカヤックを降ろし、しばしのクルーズタイム。鳥の鳴き声とやさしい潮風を感じながら、ゆったーりと湖を1周しましょう。ここは水の透明度も高く、ダイビングスポットとしても人気です。メキシコのセノーテを思わせる静謐なムードが漂っています。
get started

ミルキーウェイ

ロックアイランドの見どころ2
  • マリンレイクを観たら、次は「ミルキーウェイ」へ向かいましょう。ミルキーウェイもまた、マリンレイクのー種。湾内に入ったあたりから、海面は透明度の低い、独特の濁ったグリーンへと変化します。視界ゼロのなかを4メートルほど潜り、海底へ手を伸ばすと、ひんやりとした感触に包み込まれます。夢中ですくい上げると、両手が乳白色の泥でいっぱいに。これは珊瑚礁が削られてできた石灰質の泥です。非常にきめ細やかな生クリームのような質感。肌触りが実に心地良いと思います。船に上がると、この泥を同乗者と体中に塗り付け合うのが、定番の儀式。大人も無邪気に声を上げて楽しんでいます。顏に塗っても害はなく、むしろ美肌に良いという説があるほど。現地では「ホワイトクレイ」として、市販の化粧品にも使われているんです。
get started

ジェリーフィッシュ・レイク

ロックアイランドの見どころ3
  • パラオならではシュノーケリングポイントがあります。それがクラゲと一緒に泳げる「ジェリーフィッシュ・レイク」。日本の海水浴の感覚でいうと、クラゲがウヨウヨいる海に入るのは拷問に近いでしょう。しかし、マカラカル島の汽水湖では、数百万匹という想像を絶する数のクラゲとふれあうことができるんです。この湖に生息する2種類のクラゲにトゲはあるものの、極微量の毒しかなく、刺されても痛みは感じないので安心して下さいね。ウェットスーツやラッシュガードを着用すれば、さらに万全でしょう。周囲が完全に島で囲まれた湖は、クラゲの天敵であるウミガメが侵入してこないため、爆発的にその数が増えたのだといいます。泳いでみると、フワフワと水にたゆたつクラゲが太陽の光に透けて、実に幻想的ですよ。手でふれずとも、眺めているだけで心癒やされるはず。
get started

ロング・ビーチ

ロックアイランドの見どころ4
  • クラゲを楽しんだら、オモカン島へ向かい、干潮時にだけ現れる真っ白なビーチ「ロング・ビーチ」をめざしましょう。エメラルドグリーンの海にうっすらと見える砂州。こうしたビーチはロック・アイランドに限らず数多く存在するのですが、オモカン島のビーチはラグーンからの駆け上がりになっているため、干潮とともに海中からビーチが浮き上がってくるような、不思議な感感覚を味わえるでしょう。船を停泊させ、ビーチに下りてみるとあっという間に潮が引き、砂浜が姿を現すのです。砂浜といっても最初は幅がわずか数メートル。海面ともほとんど高低差はないのですが、周囲を見渡すと360度海に囲まれているので自分が海の上に浮いているような錯覚に陥ることでしょう。干潮のはじまりのほんのー瞬しか体験できない、自然が作り出す幻想的な風景にしばしの間浸ってみてくださいね。
get started
パラオのアクティビティ関連記事
街角、森、謎の遺跡群
パラオの素の顔を見る

パラオの街歩きの中心となるのはコロール島。
空港のあるバベルダオブ島から南へ橋を渡り、リゾートホテルが集中するアラ力べサン島、マラカル島へとつながるメインストリートを10分ほど走ると、パラオ唯ーの繁華街コロールへといたります。1時間もあれば散策できる東西1キロにも満たないこの工リアに、ショッピングセンターやレストランが集中しています。首都はマルキョク州に移ったのですが、官公庁はいまもこのエリアに残っており、1日を通じて人の往来は活発です。メインストリートとはいえ高層ビルもなく、小さな周落が集まった都会と呼ぶにはほど遠いのどかな雰囲気が広がります。ホテルやレストラン以外は、ショッピングセンターにもブランドショップなどは入っておらずリゾート感の薄い品ぞろえ。街を散策していても、野生のハナナを売る露店や軒下で井戸端会議にいそしむ地元民の姿など、生活感あふれる街の様子をかいま見ることができます。

サンゴ礁の海を遊び尽くす
ロックアイランドホッピング

一方、内陸の見どころが集まっているのが、バべルダオブ島。
首都のマルキョク州を擁する南北約43キロ、東西約16キロの細長い形をしたパラオ最大の島。「ガラツマオの滝」や、ワニのいるリバークルーズが楽しめるジャングルなどのほか、旧日本軍の遺物も点在し、歴史を感じさせるポイントも多いところです。コロールから車で約2時間、島の北端にある「ストーンモノリス」は、パラオ最大のミステリーといわれる謎の遺跡群。2000年以上前に埋め込まれた真っ黒な石灰山石の1枚岩が50基以上建ち並んだ光景はまさに奇景。誰が、なんの目的で造ったのか、いまだ解明されていないスポットです。言い伝えによれば、神の命令により精霊たちが建てた「アバイ(集会所)」の痕跡とされているようですが、定かではないのです。しかし、美しい海を見下ろ高台で、静かに潮風を感じながら遺跡のなかに身を置くと、リゾートとはまた違ったパラオの姿がそこにあるように感じられるのではないでしょうか。少し足を延ばしてみれば出合うことのできる、パラオの素の顔。そこには人気のリゾートではなかなか味わえない、ミクロネシアののどかな時間と生活があるのです。

世界中のダイバーが憧れてやまない
ダイビング天国

昼前までは、強い陽光で海中が明るくなり、水の濁りも少なく、透明度が高いです。美しいパラオの海をもっとも身近に感じられる、シュノーケリングにべストな時間帯といえるでしょう。世界中のダイバー憧れの絶景ポイントが点在するパラオ。その海の神秘を味わいたいなら、スキューバダイビングがー番の近道ですが、初心者にはなかなかハードルが高いでしょう。しかし、シュノーケリングなら、老若男女を問わず神秘の海のー端をかいま見ることができますよ。特に人気を集めるポイントが「パラダイスコーナー」。珊瑚礁が豊富で魚影が濃い場所です。スズメダイ、クマノミ、ユメウメイロなど、色鮮やかな小魚がすぐ目の前で群れをなして泳いでいます。パラオ周辺には約1400種類もの魚類が生息しています。ミクロネシアの平均500種類、グアム・サイパンの800種類と比べると、圧倒的でしょう。これもダイバーの楽園と呼ばれるゆえんであるでしょう。珊瑚礁の周囲でプカプカ浮いていると、5mほどの深さにナポレオンフイッシュが悠然と姿を現し、水族館でしか見たことのないような魚が事もなげに現れてくるのです。運が良ければ、大きなウミガメが出現することもあるといいいますよ。

ダイビング関連記事

スタイルに合わせてホテルを選ぶ楽しさ
楽園リゾートで心をほぐす

パラオの海と戯れたあとは、ホテルに戻って日常を忘れてゆったりと過ごしたいところ。
極上のリラックスで心と身体をほぐすこともまた、大人のリゾートの楽しみ方ですよね。

正統派のリゾートなら
パラオ・パシフィック・リゾート

数あるホテルのなかでも、正統派のリゾートなら「パラオ・パシフイック・リゾート(通称PPR)」の名がー番に上がるでしょう。創業は1984年。ダウンタウンから車でおよそ20分。コロール島の北西、アラ力ベサン島の25ha(東京ドーム約5個分)という広大な敷地に建つホテルです。パラオ随ーの歴史を誇り、水上コテージ、広いプライベートビーチ、サンセットプールなど、世界トップクラスの設備を誇り、海外の要人やハリウッドスターも訪れています。眼前に広がる真っ白なビーチからは、人工建築物がほとんど視界に入らず、外界と隔絶した、まさに陸の孤島のようなロケーションなんですよ。先般、伝統建築を取り入れた水上コテージ5棟が完成。広めにスペースを採った客室面積は約90㎡。ラグーンに直接下りることができる開放的なテラスも擁しており、夕陽が美しいプールや豪華なスパのほか、敷地内のドックにスピードボートも発着するなど、離島で遊ぶ際にもわざわざ敷地外へ出る必要がなく、ホテルの中ですべてが完結するリゾートです。

このホテルの特集記事を読む

アクティブ派なら
パラオ・ロイヤル・リゾート

testimonial image

アクティブに遊びつつ、リゾート気分も楽しみたいという賛沢な要望に応えてくれるのは、「パラオ・ロイヤル・リゾート」。ダウンタウンから車で約5分の立地で、街歩きや内陸の観光にも好アクセス。日系のホテルチェーンなので、海外旅行に不慣れな方でも安心だと思います。客室数は158。 すべての客室が42㎡以上とゆったり過ごすことができます。人気のスパは海に面したプライベートな個室で、開放感たっぷり。 リニューアルを進めているインテリアは、北欧系のウォームかつモダンな印象。女性同士やファミリーのゲストが多く、肩肘を張らないカジュアルなステイが楽しめます。

このホテルの特集記事を読む

ネイチャー派なら
パラオ・プランテーション・リゾート

testimonial image

またジャングルに囲まれた「パラオ・プランテーション・リゾート」のような個性的なネイチャーリゾートもあります。 マホガニーなどの木をふんだんに用いた客室は、さながら古民家のような落ち着きを与えてくれ、ロングステイがおすすめですよ。

このホテルの特集記事を読む

あれこれ考えながらホテルを選ぶ作業も、旅の楽しみの1つ。
ゆとりの時間を味わうリゾート特化型、ファミリータイプのアクティビティの拠点、ローカルな雰聞気を楽しめるネイチャー系。
パラオのリゾートホテルの選択肢は多種多様。
アイランドホッピングと同様、ホテルもTPOや目的に合わせてリゾートを選んでみてください。
海で感じるパラオと、陸で感じるパラオ。楽園のハイダウェイが呼んでいますよ。

you think we're cool? let's work together get in touch
stay informed with our newsletter

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipisicing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua.

your email